会長挨拶・組織概要

令和元年度 熊谷商工会議所青年部

 

『 新たな挑戦で付加価値の創造へ』

~ YEG will try as a new challenger!! ~

 

会長所信

令和元年度 藤澤 裕文

 

 平成元年に創立された熊谷商工会議所青年部は、30年という節目が経過しました。

 日本経済を襲ったバブル崩壊やリーマンショックなど、激動の時代であった平成が30年の歴史に幕を閉じた今、希望と期待に満ち溢れた新時代の幕開けとなりました。

 我々熊谷商工会議所青年部としても新たなスタートとなるこの年を更なる飛躍のチャンスと捉えこのスローガンのもと様々な活動を展開してまいります。

 商工会議所の存在意義、それは地域経済の発展促進や会員企業の経営支援など、我々企業経営者にとって非常に重要な役割を果たす公益経済団体です。連帯関係にある我々青年部は様々な事業展開や研修活動など、多くの研鑽を積む事で自企業が発展し、より豊かな社会になる事を目指します。さらには地盤である熊谷で同じ志を持つ関係友好団体とも更なる連携を強化し、熊谷市の地域経済発展へ向けて突き進んでまいります。

 2019年10月1日からは消費税率10%への引き上げや軽減税率制度の実施など、消費者のライフスタイルが大きく変化するとともに、企業経営者として軽減税率制度の対応が求められます。日本国内における中小企業の割合は99.7%を占めており、日本経済の活性化においては中心的な存在であり、必要不可欠な企業群として認識されております。我々中小企業が抱える大きな問題として、少子高齢化に伴う働き手の人材不足や後継者問題、労働生産性の伸び悩みなど企業経営を存続していくための課題が山積みとなっております。今後、我々中小企業が成長していくためには、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など、第4次革命の変化への対応や、オンリーワンとなる為の自企業の強みの発見、行政や企業間の事業連携活動の産学連携を前提としたネットワークの強化などではないでしょうか。

 スローガンに掲げた『新たな挑戦で付加価値の創造へ』とは、我々青年部が目指す豊かな社会へ向けて根拠になると信じて止みません。急速に進む時代の変化のなかにおいて、常に先見之明を持ち続け、新しい文化の創造に向かって歩を進めていき、成長を妨げる万世不易な固定概念を取り払い、良い部分は継承していき失敗を恐れず創意と工夫を凝らしながら新たな挑戦を実践し、自企業の付加価値の創造へ向けてトライしてまいります。 

 

熊谷商工会議所青年部 組織概要

令和元年度 熊谷商工会議所青年部 組織図

 

  • リンク

    • 平成28年度 埼玉県商工会議所青年部連合会 ヤングリーダー研修会熊谷大会
    • 街コンinくまがや
  • 熊谷商工会議所青年部

    商工会議所青年部はYEGとも呼ばれます。
    商工会議所青年部のロゴマークにも使用されているYEGは、 英語名(Young Entrepreneurs Group=若き企業家集団)の頭文字をとったものです。 このYEGは同時に、商工会議所青年部のコンセプトでもある若さ(Youth=Y)、情熱(Energy=E)、広い視野(Generalist=G)を 持った経営者の表しています。

  • エンジェルタッチログイン

    エンジェルタッチログイン

    ◎アカウント

    ◎パスワード

    ◎サブネーム

    パスワードを忘れたら

  • メンバー専用ページへログイン

    メンバー専用ページです。
    IDとパスワードの入力が必要です。

    熊谷YEGメンバー専用ページ